ベアンテ・ボーマン氏を迎え 二台のチェロとチェンバロの調べ

ベアンテ・ボーマン氏を迎え 二台のチェロとチェンバロの調べ

When:
2018年8月5日 @ 4:00 PM
2018-08-05T16:00:00+09:00
2018-08-05T16:30:00+09:00
Where:
軽井沢朗読館
日本、〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉千ケ滝
Cost:
当日券3,000円(前売り2,500円)
Contact:
軽井沢朗読館
0267-46-0036

朗読館の森より
ベアンテ・ボーマン氏を迎え
二台のチェロとチェンバロの調べ

 
樹々の間をぬける風にのせて深いチェロの音がながれます。朗読と共にゆったりとした時間をご一緒しませんか。

曲目:    2つのチェロのための協奏曲ト短調 全楽章 (A.ヴィヴァルディ)
2つのチェロのためのコンセール 全楽章 (F.クープラン)
組曲第2番 全楽章 (C.デブロア)
無伴奏チェロ組曲第2番よりプレリュードとガボット (M.レーガー)  etc.

日 時:    2018年 8月5日(日) 16:00 開演 (15:30 開場)

場 所:    軽井沢朗読館  長野県北佐久郡軽井沢長倉千ヶ滝6056
予約受付:  軽井沢朗読館 TEL 026 (746) 0036 お名前と人数を留守電にお残し下さい
Email:karuizawaroudokukan@gmail.com

会 費:    3000円(当日券) 2500円(前売り) ro

出 演:    ベアンテ・ボーマン Berndt Bohman (チェロ)
スェーデンのファルン市で生まれる。12歳の時、チェロを始める。1967-71ストック
ホルム王立音楽大学でグスタフ・グレンダール教授に師事、最優秀賞の殊勝メダルを授与され卒業。1971-1972年スウェーデンのゴッテンブルク市(イエーテボリ市)の国立歌劇場の首席チェロ奏者を勤める。海外派遣留学生、及び西ドイツ給費留学生として1972-1975年まで国立フォルクガング芸術大学マスタークラスにてポール・トルトリエ教授に師事する。 最終的にフィンランド政府給費留学生としてシベリウス・アカデミーのマスタークラスにて アルト・ノラス教授に師事し1979年首席で卒業する。1980年から2011年の31年間、東京交響楽団の首席チェロ奏者を勤め退職後、玉川大学芸術学部の非常勤講師として後進の 指導にあたり2016年3月に退職、現在はソロやさまざまなオーケストラの客演首席チェロ奏者としての演奏活動を行う一方、チャペルコンサートをはじめとする宣教の働きにも携わっている。フィンランドのヘルシンキ市のラマト・プフ聖書学校で聖書の学びも修め、1992年にはカルフォルニア神学大学院より名誉神学博士号を受ける。2003年9月に公募部門で 全日本山岳写真協会賞を授与され、全日本山岳写真協会の会員となる。その後も数々の賞を 受賞している。

青木裕子(朗読)
賛助出演:潮田 高志 (チェロ)  ベアンテ・ボーマン氏に師事。

小沢 章代(チェンバロ)

  • Posted on 6月 29, 2018 - 4:20 pm
  • By 軽井沢朗読館
  • Posted in

The comments are closed.

Leave a comment



Tweets
    Copyright © 2010 軽井沢朗読館. All Rights Reserved.